人気ブログランキング |

2019 YAMAHA SPORT BOAT AR195

全長・全幅ともにサイズアップ。
数字以上の室内の広さと、使い勝手の良さを実感
e0400220_11381873.jpg
▲2019 YAMAHA AR195

2019年モデルから、新設計のハル&デッキが採用され、フルモデルチェンジを果たしたヤマハ スポーツボートAR195。その船体サイズは、従来モデルから全長で約13cm、全幅で約3cm拡大されている。
この数字だけを見ると、それほど大きく変わった印象は受けないかもしれない。事実、外観からは従来モデルよりも大きくなったという印象は、さほど受けない。ただし船内に乗り込んでみると、その差は一目瞭然。室内空間が格段に広くなっていることを、実感できるのだ。

レイアウト変更で、
ゆとりある室内空間を実現
e0400220_11402350.jpg
▲ドライバーズシート後方に、大きな空間が生まれている

従来モデルはパッセンジャーシートがU字型にドライバーズシート後方まで伸びていたが、2019年モデルではL字型に変更。フラットなスペースが増え、室内が広々と感じられる。
さらにこの新しい空間には、脱着式テーブルや標準装備のクーラーボックスを設置可能。家族や仲間とのくつろぎの時間を、より快適に、リラックスして過ごせるようになった。
e0400220_11412312.jpg
▲テーブルは脱着式。クーラーボックスも標準装備。船体には固定用フックが設けられ、ラッシングベルトも付属
e0400220_11452567.jpg
▲ドライバーズシートの太ももが当たる部分に切れ込みを入れることで、座ったまま振り向いたり、乗り降りがしやすくなっている
e0400220_11464978.jpg
▲エンジン情報や走行情報を確認できる、タッチスクリーン式4.3インチ液晶ディスプレイConnext(コネクスト)を新たに採用。Bluetoothオーディオコントロールや充電用USB端子、縦・横を選択できるスマートフォンホルダーも装備している
e0400220_11490025.jpg
▲テーブルを囲んで、会話が弾むシートレイアウト

プレーニングに移行しやすくなり、
加速感が向上
e0400220_11502367.jpg
最大250馬力を発生する4ストローク1.8リットルSVHOエンジンと、大口径160mmジェットポンプから生みだされるパワフルな推進力が船体を力強く押しだし、刺激的な加速が味わえるAR195。2019年モデルではハル形状を見直すことでより早くプレーニングに移行できるようになり、加速感が向上している。
さらにハンドリングの応答性も高まり、低速域から高速域まで、思いどおりの安定した旋回が可能となった。
またAR195だけでなく、ヤマハ スポーツボート2019年モデル全体の変更点として、ノズルとリバースバケットが新形状となり、後進の舵効きが向上。さらに、インテークやライドプレート、ジェットポンプ、可動式キールなどのアルミ部品に3工程のコーティングを施すことで、耐食性も高めている。
e0400220_11511575.jpg
▲最大250馬力を発生する、1.8リットルSVHOエンジン。エンジンハッチを最小化して密閉性を高め、吸音材なども見直すことで、室内の静粛性も向上している。また燃料タンク容量も、従来モデルの114リットルから152リットルに拡大された
e0400220_11530152.jpg
▲新形状のノズルとリバースバケットにより、後進時の舵効きが向上。耐食性も高まっている
e0400220_11533828.jpg
▲フロアカーペットも標準装備。スイミングプラットフォームも拡大され、点検用ハッチのロックは2か所から1か所に変更された
e0400220_11542075.jpg
▲BLACK
e0400220_11543503.jpg
▲SUEDE GRAY

AR195
●全長×全幅:5.9×2.5m ●完成質量:1134kg ●搭載エンジン:1812cc Super Vortex High Outputエンジン ●エンジンタイプ:4ストローク4気筒 ●搭載馬力:183.9kW(250ps) ●燃料タンク容量:152リットル ●定員:8名 ●航行区域:限定沿海
●メーカー希望小売価格:654万9000円+税(法定備品類を含む)


by hotwatersportsmag | 2019-02-08 12:00 | YAMAHA