人気ブログランキング |

2019 BRP SEA-DOO FISH PRO 155

PWCフィッシングに特化した、
専用装備の実力とは
e0400220_14490476.jpg
▲BRP SEA-DOO FISH PRO 155

SEA-DOO史上最高の安定性と快適性を誇るST3ハルに、155馬力の自然吸気エンジンを搭載。
充実の装備と機能だけでなくすぐれた燃費性能も併せ持ち、NAモデルでは随一の人気を誇るGTX 155だが、それをベースにリアプラットフォームを拡大し、LinQアタッチメントも追加。
さらに大型のクーラーボックスや魚群探知機、フラットなベンチシート、足を置きやすいフットレストといったPWCフィッシングに便利な装備を採用したのが、FISH PRO 155だ。
どう考えてもPFが捗ることは間違いないモデルだが、その作り込みというか、もっとPWCフィッシングが快適になるよう考え抜かれた装備は正直なところ想像以上だった。
e0400220_14513029.jpg
e0400220_14512104.jpg
▲LinQアタッチメントで、さまざまなオプションパーツを接続できる

以前にもインタビューしたニュージーランドのPWCアングラー、アンドリュー・ヒルが開発に携わっていることもあり、本気の釣りをアシストしてくれる装備が数多く採用されているが、なかでも感心したのが専用設計のクーラーボックスだ。
PWCにはフラットな場所がほとんどないため、PFでは「作業する場所の少なさ」がネックになることも。フィッシングラックに板を貼って自作で作業スペースを設けているひともいたが、このクーラーボックスはフタの天面がフラットになっていて、そこでの作業が可能。
滑り止めも付いているから、安心してルアーや仕掛けの交換ができる。フタの上が平らなだけだが、これが想像以上に便利だと感じた。
e0400220_14535733.jpg
▲魚のサイズ計測や作業ができる、フラットなフタ
e0400220_14542486.jpg
▲4本のロッドホルダーは、好きな位置に取り付け可能

感度良好な魚群探知機で、
釣果アップは間違いなし
e0400220_14553484.jpg
▲ガーミン製の魚群探知機は、航跡ログの表示やポイントの記録も可能

水温や海流、潮汐、海底の変化など、年を重ねるごとに海の状況は変わっていくから、どんなにその海を熟知したアングラーでも魚群探知機を頼りにしている。
PWCフィッシングでもそれは同じで、本気で釣りにのめり込んだひとほど魚探の必要性を痛感し、なんとかしてPWCに取り付けようと工夫していた。
その方法はグローブボックスに埋め込んだり、フィッシングラックに取り付けたり様々だったが、FISHPROはメーカー純正で魚探を装備している。
右ミラーの専用ステーに取り付けられており、操作性や視認性は申し分ない。
さらに外観の一体感もあり、さすが純正というイメージだ。
魚探の性能については1日程度の釣行で得た印象になるが、その精度はかなり高そう。
採用されるガーミンのECHOMAP PLUS 62cvはCHIRP(高強度レーダー波技術)に対応しており、小魚も明瞭に映し出す高精度を誇る。
実際、撮影艇の魚探に反応が出たポイントでFISH PROの魚探にも同じ反応が出ており、そこでジグを落としたらすぐにヒット、というひと幕もあった。
また開発に携わったアンドリューはガーミンの魚探を以前から使用して、釣果を上げている。その性能は折り紙付きと言えるだろう。
e0400220_14583346.jpg
▲魚群探知機で魚影を確認しながら、ポイントの移動ができる
e0400220_14583688.jpg
▲GARMIN ECHOMAP Plus 62cv

全長の延長でスペース拡大。
安定性も飛躍的に向上
e0400220_15064365.jpg
▲船体後部にエクステンダーを装着している

ST3ハルといえば抜群の安定性が特徴のひとつで、特に静止安定性が秀逸だが、FISHPROは従来のST3ハル採用モデルよりも明らかに安定性が向上していた。
これはデッキ拡張による副産物だと思われるが、全長が伸びたことで静止時の接水面が増し、浮力も高まったのだろう。
荒れた水面でのジギングでも立ったまま難なく竿が振れるほどで、同じST3ハルを採用するRXT-Xよりも安定していると感じられた。
これは静止していることが多いPWCフィッシングにおいて大きなメリットとなるだろう。
e0400220_15264574.jpg
▲エクステンダーにより、船体後部のスペースが拡大。LinQアタッチメントも2セット装備
e0400220_15264196.jpg
そしてPF専用装備が多いモデルだけに「フィッシングにしか使えない」と勘違いするひともいそうだが、もちろんそんなことはない。
大型のクーラーボックスはたくさんのドリンクやランチを持って行けるから大人数でのツーリングでも重宝しそうだし、ウェイクスポーツを楽しむときはSEA-DOO最大級のリアプラットフォームが役に立つ。
安定性が高いからタンデムでのツーリングも快適だし、70リットルの燃料タンクによりSEA-DOOでもっとも遠くまで走れるモデルになった。
そもそもベースモデルのGTX 155は、最高のツーリングモデルだ。
PWCフィッシングを楽しみたいひとはもちろん買いだし、ツーリングユーザーにも多くのメリットがあるモデルだといえそうだ。
e0400220_15285580.jpg
e0400220_10175864.jpg
▲BRP SEA-DOO FISH PRO 155/White and Night Green

BRP SEA-DOO FISH PRO 155
●全長×全幅×全高:3734×1255×1140mm ●乾燥重量:389kg ●燃料タンク容量:70リットル ●吸気方式:自然吸気 ●最大出力:155hp ●トランスミッション:iBR ●燃料:無鉛レギュラーガソリン ●定員3名
●メーカー希望小売価格:180万3704円+税


by hotwatersportsmag | 2019-01-17 15:38 | SEA-DOO